分譲住宅と建売住宅


一軒家の購入は、一生に一度ともいえる大きな買い物です。分譲住宅や建売住宅、中古住宅などの選択肢があり、迷うところです。価格を抑えて一軒家を手に入れるなら、中古住宅の購入が選択肢に上がります。中古住宅でもしっかりとした物件はありますし、住みやすいようにリフォームをしても費用は抑えることができます。

やはり一軒家は新築が良い、費用はなるべく抑えたいと考えると、選択肢として分譲住宅や建売住宅が入ってきます。注文住宅は建物の設計に自分の希望を反映させることができるので、理想の住みたい家を手に入れることができます。しかし本当に満足のいく家にするには予算が膨らみやすく、土地探しや設計段階からのスタートなので、契約から入居までの期間が長くなってしまいます。

分譲住宅それに対して、分譲住宅や建売住宅は設計の自由度は低くなりますが、その分予算を抑えられるメリットがあります。分譲と建て売りは似たような扱いをされています。建売住宅は、完成した家と土地のセットで販売される住宅のことです。

分譲には「分割譲渡」という意味があり、分譲住宅というのは、まとまった土地を区画整理し分割してそこに建てた家を販売することを指しています。そのため、分譲住宅はまとまった区画に新築物件が立ち並ぶことになります。建て売りと同様に一から設計に関わることはできませんが、その分予算を抑えられます。最近では住宅メーカーでも分譲住宅と建売住宅をほぼ同義のものとして扱っています。ちなみに、未完成の段階で契約をする場合もあります。

費用を抑えながら一軒家を手に入れられる分譲住宅について、メリットや購入の際に気を付けたいポイントなどを紹介します。