分譲住宅のメリット


分譲住宅のメリットはいくつかあります。まずは予算です。注文住宅の場合は、計画を立てる段階で予算が膨らんでいくこともありますが、土地と建物がセットで建物の設計が決まっているので価格が明瞭です。また、同程度の予算であれば注文住宅よりも分譲住宅の方が良い家に住める傾向があります。分譲住宅は一定数の建物を同時に建設するため、コストを抑えるために計画的な工事が可能です。コスト削減した分、同程度の価格でより良い家に住めることになります。

家完成形の家も実際に見ることができるのもメリットです。日当たりや収納スペースなどを目でみて確認できるので、その家でどのように生活していくのかイメージがしやすいでしょう。既に物件が完成している場合なら、購入から入居までの期間も短くて済みます。

メリットも大きな分譲住宅ですが、デメリットもあります。費用を抑えられる反面、自由度は低いということです。間取りや外観、庭のスペースなどが決められています。また、似たような外観の家が並ぶことも良く見られます。最近では、同じ区画の分譲住宅でも外装や内装に差を付けている分譲住宅も増えてきています。似たような家が多いことはデメリットにも思えますが、その区画の景観が統一されていてキレイだとも取れます。良い点と悪い点は裏を返せば同じことです。自分にとって大切なことを確認しながら、メリットとデメリットを比べると良いでしょう。