分譲住宅購入の流れ


分譲住宅の購入を考えるなら、購入の流れを押さえておきましょう。一般的な流れとポイントを紹介します。

まずは物件の情報収集から始めます。住みたいエリアの物件情報は大切です。どのような物件があり、価格相場を把握しておきましょう。明確なビジョンがなくても、ざっくりとした条件で検索してみましょう。いろいろと情報を集めているうちに、自分がどのような物件を購入したいか分かってくることもあります。

情報収集情報収集していくなかで、希望の条件にあった物件が見つかれば、次は物件を販売する会社への問い合わせです。すでに完成している分譲住宅の場合、建物の内覧が可能です。問い合わせして内覧の段取りをつけ、実際に物件を見てみましょう。気になる物件はいくつでも見て比較することをおすすめします

最終的に納得のいく物件があれば、次は購入申し込みです。書面で購入申し込みを行いますが、申し込み後のキャンセルは一般的に難しいです。購入申し込みから売買契約までは約1週間かかりますが、住宅ローンを組むならこの段階で事前審査に申し込むことが多いです。事前審査に通らないと、正式な契約に進めないので忘れずに行いましょう。

正式な契約を結ぶ前には「重要事項説明書」や「契約書」の内容をきちんと確認しておきましょう。それらの内容を理解し納得して、正式契約を結ぶのが大切です。契約時には手付金を支払いますが、契約成立後に解約すると手付金が戻らない上に、違約金まで払うことになります。

住宅ローンの正式な申し込みは、売買契約成立後です。金融機関が本審査を行い、承認されるとローン契約も成立します。

物件探しでも内覧してますが、契約後にも改めて内覧を行い、キズや汚れが無いかなど販売者の立ち会いの下に確認します。問題があれば、引き渡しまでに修繕してもらいましょう。

物件引き渡し前に、残金決済が行われます。手付金を差し引いた購入金額をすべて支払うことを残金決済といいます。これが確認されることで、いよいよ引き渡しとなります。引き渡しされたら、家の登記を行います。住宅ローンの控除などを申請する場合は、引き渡し後すぐに行うと得する可能性があるので、合わせて行いましょう。

引き渡しごスムーズに入居できるように、ローンの本審査と合わせて引越しの日程調査や見積もりも行っておくのをおすすめします。