分譲住宅の選び方


分譲住宅購入の際の選び方について、ポイントを押さえておきましょう。間取りや、土地の広さ、周囲の住環境などは当然誰もが気にするところです。さらに一歩踏み込んだポイントを紹介します。

まずは、仲介業者の有無です。施工した住宅会社が売主でとなっている場合と、仲介業者の不動産業者などの場合があります。施工した会社が販売会社であれば、問い合わせにスムーズに対応できるはずですし、アフターサービスもしっかりしている可能性があります。安心して購入し住み続けるためには、販売会社と施工会社が同じ方が良いでしょう。また、土地の仕入れから販売まで一貫して行っている会社だとより良いです。

住宅長く安心して住み続けるためには、建物の品質が重要になります。2009年から「長期優良住宅」の認定制度が開始されています。長期優良住宅に認定されるにはは建物の耐震性・維持管理性・劣化対策・住戸面積・省エネルギー性・移住環境・維持保全管理の7つの項目をクリアする必要があります。この制度をクリアしていることで、安心して住みやすいだけでなく、住宅ローン減税や固定資産税の減額を受けられるといったメリットもあります。将来的に家を手ばなく場合には資産価値を上げることもできます。

また住宅性能評価もチェックしましょう。住宅会社はこの評価を行う義務はありません。国からの評価になるので、きちんと評価を受けている会社の方が信用性が高いです。評価書には「設計住宅性能評価」と「建設住宅性能評価」の2種類があり、両方取得している住宅が理想です。

大地震に備えた耐震性は、住宅選びにおいて重要です。その指針となるのが「耐震等級」です。等級は3段階に分けられています。長期優良住宅の認定をクリアするには耐震等級2以上が必要となっているので、等級2以上の物件が理想です。耐震制に関しては、地盤も大切です。地盤が弱いと、建物がきちんとしていても意味がありません。地盤調査をきちんと行っているかも確認しましょう。

新築住宅販売後は、10年間の品質保証が義務付けられています。さらにその10年の間に受けられる無料点検や追加保証システムがあるとより安心です。


参照:http://www.polus-kodate.com/newsrelease/detail.html?pid=NRR2015200073&p=6
└長期優良住宅に認定された中浦和にあるポラスの分譲住宅について紹介しています。